読まれるメルマガの書き方の3つの秘密、教えます

メルマガ書き方では、おさえておくべき3つの要素があります。3つの要素をおさえ、メルマガの書き方を工夫することで、読みやすいメルマガになり、あなたのメルマガの読者は、あなたの期待通りの行動をしてくれるでしょう。

「メルマガの書き方がよくわからない」この記事は、そんなあなたのための記事です。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

メルマガの書き方で覚えておきたい3つの要素(秘密)

メルマガの書き方をマスターするためには、「メルマガの目的」、「メルマガの件名と差出人の工夫」、「メルマガ本文の構成(レイアウト)」について、それぞれの基本形を覚えることが重要です。

メルマガの書き方は、この3つの要素の理解を深めることで習得できます。本記事では、メルマガの書き方の3つの重要な要素について、順番に説明してまいります。

メルマガの基礎をしりたいなら
メルマガの基本事項については別記事の「メルマガとは?読めば全てがわかる徹底解説」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

1.メルマガを書く前に、メルマガの目的を整理する

「メルマガの書き方を知りたいのに、なぜメルマガの目的から考えなければならないのか」と思われるかもしれません。明確な目的があれば、メルマガの書き方で悩むことはありません。メルマガの目的をしっかりと設定できるなら、メルマガの書き方は半分くらい習得できたと考えても良いでしょう。メルマガの目的は、「題材の絞り込み」と「コンバージョンの設定」で決まります。

メルマガの書き方は「1メルマガ1テーマ」が基本

メルマガは「1メルマガ 1テーマ」という鉄則があります。1つのメルマガには、1つのテーマについてのみ書きましょう。

メルマガは、真剣に読んでいただける読み手ばかりではありません。むしろ、流し読みされてしまうことが多いでしょう。流し読みをする読み手にとって、1つのメルマガでいくつものテーマについて書かれていると、

あるメルマガを1つのテーマに絞り込んで書くと、メルマガの内容の一貫性が保てるため、流し読みをする読み手にとっても理解しやすくなります。それだけでなく、反応の高いメルマガのタイトル(件名)が書きやすくなり、メルマガの開封率がよくなります。

「1メルマガ1テーマ」を厳守すると、メルマガ本文内の関連するリンクのクリック率が高くなります。クリック率の高さは、次に紹介するメルマガのコンバージョンとも大いに関連します。

メルマガのタイトル(件名)の効果的な作り方について
反応のよいメルマガのタイトルの付け方・作り方は、別記事の「メルマガタイトル(件名)の作り方〜開封されるタイトルを3分で作る方法」でまとめてございます。ご参考になれば幸いです。

コンバージョン(CTA)を設定する

メルマガのコンバージョンとは、あなたのメルマガを読んだ後で、メルマガの読者に取っていただきたい行動のことです。コンバージョンにうながすためのメルマガ本文内の引き込みはCTA(Call To Action)と呼ばれます。

メルマガの場合コンバージョンは、セミナー登録のためのリンククリックであったり、読者からのお問い合わせであったりなど、ビジネスと関連する行動をコンバージョンに設定する傾向にあります。その行動をうながすボタンやリンクが、メルマガのCTAです。

メルマガのコンバージョンの設定は、メルマガの書き方そのものではありませんが、メルマガの目的を絞り込むという点で、コンバージョンの設定は有効です。

読者(ターゲット)を明確にする

メルマガを作るときは、どのような読者に向けて書くのかを明確にしておくべきです。ターゲットが明確になっているか否かで、開封率に大きな差が出ます。5000件送信して1%の開封率であれば、開封数は50件です。しかし、1000件にしか送信しなくとも、7%の開封があれば70件の開封数となります。

闇雲に配信者リストを集めるよりも、まずはどのような読者に向けて書くかを明確にしましょう。

2.メルマガの件名と差出人の書き方

メルマガの件名と差出人の書き方を理解すると、あなたのメルマガの反応がグッとよくなります。

件名だけでなく差出人名も考慮する

メルマガ開封率を向上させるには、メルマガのタイトルが大切です。しかし、最近ではスマートフォンや有名なメールソフトでも、件名よりも差出人が大きく表示されるようになりました。そのため、メルマガの件名に加えて、差出人も工夫する必要があります。

メルマガの開封率について
メルマガの開封率は一般的に16〜17%程度です。メルマガの開封率の平均値や、メルマガの開封率を改善する方法については「メルマガ開封率がグッと上がる!メルマガ開封率の現状と改善策のまとめ」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

反応の良いメルマガ件名や差出人の書き方

反応の良いメルマガの件名の書き方は、キャッチコピーのテクニックに似ています。キャッチコピーのテクニックに、4Uと呼ばれるフレームワークがあります。4Uは、「具体性」「独自性」「有益性」「緊急性」のそれぞれの英語の頭文字をとっています。

あなたのメルマガの件名を、4Uで書いてみましょう。

上記のメルマガ件名の例は、実際に3分で書きました。あまり良いメール件名とは言えませんが、4Uを使って、それぞれ書き出した上で、4つの文章をつなげます。

ちょっと長いですが、メルマガの件名ができました。文章を削る作業は簡単ですので、4Uを使って作成した長いメルマガの件名を削る作業をします。

また、科学的に効果が実証された心理効果を使うことも、反応の良いメルマガ件名を作るために有効です。あなたは「続きはWebで」のような広告を見たことはないでしょうか。このような広告は、完結していないものほど人の記憶に残るツァイガルニク効果を利用したものです。

反応のあるメルマガ件名の書き方として、4Uの法則や心理学を活用することを覚えておきましょう。

3.メルマガの構成(レイアウト)を守って書く

レイアウトは、以下の図のように6パートに分けるのが一般的です。

メルマガの書き方を身につけるためには、メルマガの基本構成を守ることが原則です。メルマガの構成の6つの項目は覚えておきましょう。

メルマガ導入部分の書き方

メルマガ導入部分は、メルマガの最初に登場する文章です。あなたのメルマガを最後まで読んでいただけるように、メルマガ読者をひきつける書き方をします。

ビジネス系のメルマガなら、メルマガ本文をまとめることも1つの方法です。あなたが選んだメルマガのテーマの背景を述べる、などいくつかのメルマガの書き方があります。

プレビュー機能を備えたメールソフトでは、メールの件名と差出人に加えて、冒頭の文章も表示されます。導入部分の書き出しによって、メルマガ開封率にも影響があります。

下図は、弊社が実際に送っているメルマガから抜粋した文章です。このメルマガのバックナンバーはこちらから読めます。

見出し・本文の書き方

本文の内容がすぐにわかる見出しをつけます。見出しの無いメルマガ文章は、メルマガ読者にせっかく開封していただいたにもかかわらず、メルマガを読んでいただけないこともあります。ぎっしりつまった長文は、誰も読みたいとは思いません。

メルマガの本文では、本文の内容を反映する見出しが大切です。メルマガの書き方として、マスターしましょう。

エンディング

メルマガのエンディングでは、メルマガ本文をまとめたり、CTAを置いたりします。親密感のあるメルマガを書きたいなら、編集後記を置いてもよいでしょう。

運営会社情報など

メルマガ発行元の会社名、メールアドレス、連絡先、メルマガのコピーライトなどを記載します。

メルマガに関連する法律(特定メール法など)を遵守するため、オプトアウト(配信停止)も、運営会社情報といっしょに記載するメルマガが多くあります。

メルマガ運用者なら知っておきたい法律のまとめ
メルマガ運用者なら個人情報保護法と特定メール法の基本事項は知っておきましょう。メルマガ運用者が知っておきたい法律とその概要については「メルマガ運用者が知っておくべき法律〜「個人情報保護法」と「特定電子メール法」」でまとめました。

その他知っておきたいメルマガの書き方

基本的なメルマガの書き方を整理してきました。さいごに、ちょっとしたメルマガ書き方のテクニックをいくつかご紹介します。

メルマガのクリック率は、メルマガ上部が高い

だいたいのメルマガには、誘導したいリンクがあるはずです。コンバージョンにつながる重要なリンクは、メルマガのファーストビュー(最初に目に入るメルマガのコンテンツ)に入るように設置しましょう。なぜならクリック率がよくなるからです。

メルマガの書き方として、そのメルマガのCTAにもなりうる重要なリンクは、メルマガの上部に置くことを覚えておきましょう。

メルマガの横幅は600px程度 or 25文字に

メルマガは、スマートフォンやタブレットを意識した書き方をする必要があります。これらのデバイスは、パソコンと比べて表示できる横幅が狭いことが特徴です。

メルマガの横幅は、HTML形式のメールなら600ピクセル程度、テキスト形式のメールなら全角25文字程度にしておきましょう。

メルマガの書き方とは言えないかもしれませんが、メルマガのテクニックとして覚えておきましょう。

無料セミナーでメルマガの書き方を学ぶ

セミナーでは、メルマガの書き方だけでなく、メールマーケティングの成功事例などを学ぶことができます。カイロスマーケティング株式会社でも、メルマガやメールマーケティングの無料セミナーを実施しています。

さいごに

今回はメルマガの書き方の概要についてご紹介しました。これからメルマガを始める、新たにメルマガの担当者になった、などのみなさまの業務のお役に立てますと幸いです。