7つのSとは?一番わかりやすい入門編

7つのSとは、組織を構成する経営資源を7つの要素としてとらえるフレームワークです。7つのSは企業の事業戦略の策定や組織運営の分析に活用できます。

あなたが事業戦略の立案や企業の経営に関わっているのならば、7つのSは覚えておきたい分析方法です。

7つのSとは

7つのSとは、組織を構成する経営資源を7つの要素として捉えるフレームワークです。7つのSは、最適な事業戦略の策定や自社の分析に活用できます。

7つのSの中には、「ハードの3S」と「ソフトの4S」があります。この「ハードの3S」と「ソフトの4S」とは、互いに結びつき、影響しあっています。

その他にも、組織の分析や事業戦略に便利なフレームワークは、PEST分析SWOT分析VRIOなど数多くあります。

その他の便利なフレームワークを知りたいなら
4Pや4C、ファイブフォース分析などの事業計画・戦略に役立つ記事は「カテゴリー:事業計画・戦略」にまとめてございます。あわせてごらんくださいませ。

7つのSにおける「ハードの3S」

まずは、ハードの3Sを説明します。

ハードの3Sの概要

一般的に「ハード」といえば、「形のあるもの」を指しますが、7つのSにおける「ハード」とは、「組織の構造に関するもの」を指します。

7つのSの中で、ハードの3Sとはシステム、組織構造、戦略のことを指します。

ハードの3Sは、ソフトの4Sよりも経営者の意思や企業努力によって、コントロールしやすい要素です。ソフトの4Sが、コントロールしにくい理由は後ほどご説明いたします。

1.Systems(システム)

1つ目のハードのSはSystem(システム)です。Systemとは、経営や情報管理のための制度のことです。Systemには、給与や人事評価の制度やシステムも含まれます。

2.Structure(組織構造)

2つ目のハードのSはStructure(組織構造)です。Structureは、部署構成や部署間、上司と部下の間の命令系統のあり方などの、「企業の構造」や「あり方」を示します。

3.Strategy(戦略)

3つ目のハードのSはStrategy(戦略)です。Strategyは、企業の競争戦略上の優先順位や、競争での優位性を保つための自社の強み、事業の方向性などを表します。

7つのSの中の「ソフトの4S」

次は、ソフトの4Sについて見ていきましょう。

ソフトの4Sの概要

一般的に「ソフト」といえば、「形のないもの」を指しますが、7つのSにおける「ソフト」とは、「組織の価値観に関するもの」を指します。

ソフトの4Sとは、共通の価値観、経営スタイル、人材、能力のことです。

ソフトの4Sは、社員一人ひとりの価値観や感情に関わることです。感情や価値観はコントロールしづらいため、ソフトの4Sを変えようとすると、膨大な時間と労力が必要になります。

コントロールしづらい、一人ひとりの感情に気を配ることで社会的手抜きなどの、組織で起こりうる問題を防ぐことができます。「コントロールしづらいから」と投げ出さずに、ソフトの4Sにも向き合うことが重要です。

1.Shared Value (共通の価値観)

1つ目のソフトのSはShared Value(共通の価値観)です。Shared Valueとは、経営理念や企業の掲げる目的や目標、ビジョンやミッションを指し、すべての社員が持っている価値観のことです。

共通の価値観は、7つのSの核のようなものでそれぞれの要素と結びついている、最も重要な要素です。

2.Style(経営スタイル)

2つ目のソフトのSは、Style(経営スタイル)です。社風・文化もこのSに含まれます。

3.Staff(人材)

3つ目のソフトのSはStaff(人材)です。採用や人材育成の方針や傾向、どのような人材がどのくらいの人数いるかなどを表します。

4.Skills(能力)

4つ目のソフトのSはSkills(能力)です。Skillsとは、組織全体、または個人に備わっている技術を表します。

7つのSの注意点

7つのSを参考に、組織を改革する際は1つ注意点があります。それは、1つの要素を変更する場合、そのほかの要素も変更する必要があるという点です。7つの要素は互いに結びついていて、相互に影響を与えています。7つのSは、企業の外的環境が変化したとき、企業変革のための変更点を探すことに役立てられます。

いざ7つのSを見直そうとすると、あなたはどこから手をつけようか悩んでしまうかもしれません。どこから手をつけようか迷ったときは、まずはハードの3Sから見直すことをお勧めします。ハードの3Sは、ソフトのSよりもコントロールがかんたんだからです。