営業メールの効果を上げるための5つの工夫〜商談につなげるために〜

営業メールでビジネスの機会を作り出そうとするものの
「期待していたほど効果が出ない」
「商談につながらない」
とお悩みの営業担当者は多いのではないでしょうか。

営業メールを用いてビジネスの機会を作り出すためには、5つの工夫が必要です。本記事では、営業メールの効果をアップさせる5つの工夫を、例文とあわせてご紹介します。

営業メールとは

営業メールとは、お客さまの購買行動を促すことを目的として、メールを使ってお客さまにご連絡する営業活動をさします。

営業メールは、お客さまのところへ訪問する営業手法より、コストや手間がかからない営業手法です。また、営業メールは、営業電話とは異なり、相手が不在でも相手の受信箱にメールが届くため、お互いの時間を調整する必要がないというメリットもあります。

一方で、営業メールは必ず読まれるわけではありません。対面でのコミュニケーションではないため、相手に好印象を抱いていただくのが難しい、というデメリットもあります。

営業メールを「読んでいただき」、さらには「好印象を抱いていただく」ためには、メール作成時に工夫が必要です。これからご紹介する「営業メールの効果を高める5つの工夫」をしっかり押さえておきましょう。

営業メールの効果を高める5つの工夫

これからご紹介する5つの工夫を、すべて活用する必要はありません。みなさまの業務の中で取り入れやすそうな工夫から、1つずつ取り入れてみてください。

営業メールの件名はわかりやすくする

営業メールの件名を見ることで、お客さまはメールを読むかどうかを決めます。どんなによい内容の営業メールであったとしても、開封していただかなければ、お客さまには伝わりません。

たとえば、訪問のアポイントメントを獲得するための営業メールの件名を考えてみましょう。

「ご訪問の件」や「商談のお願い」のように、メールを開封しないと「何の目的で訪問したいのか」がわからない件名は不親切です。お客さまは、よい印象を抱かないでしょう。

「【面談のお願い】新商品〇〇のご紹介について」のように、メールの内容が伝わる件名の方が、お客さまにとってありがたい件名です。

営業メールの件名を作成する際は、「何のために訪問したいのか」が伝わる件名にしましょう。

開封されやすい件名については、別記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

開封されやすいメールの件名の作り方
開封されやすいメールの件名は、手順を学ぶと簡単に作成できます。詳しくは、別記事の「メルマガタイトル(件名)の作り方〜開封されるタイトルを3分で作る方法」にまとめました。ぜひ覧ください。

営業メールの差出人は社名と氏名を差し込む

営業メールでは、メールの差出人に社名と氏名を差し込みましょう。

最近では、スマートフォンやメールソフトで、件名よりも差出人が大きく表示されます。知らないアドレスや知らない担当者、知らない会社からのメールよりも、過去に接触のあった会社名や担当者からのメールの方が、開封率は上がります。

商談のアポイントメントを獲得するためには、お客さまにまず開封をしていただく必要があります。1件でも多くアポイントメントを獲得するためにも、差出人に記載すべき内容は、「どの会社に所属し、どのような人物か」です。

なお、マーケティングオートメーションを活用することで、一斉配信の営業メールでも、差出人名や本文中に営業担当者名を差し込めるため、営業担当者が個別に送ったメールのように見せられます。

こうしたツールを使うことにより、営業担当者の業務負担を減らせます。

営業メールは簡潔に、読みやすく書く

営業メールは、読みやすく、簡潔にまとめることを意識しながら作成しましょう。

営業メールは、開封していただいても、お客さまに流し読みをされてしまうことがほとんどです。流し読みをするお客さまにとって、いくつもの情報が詰め込まれているメールは、理解しがたいメールになってしまいます。

営業メールは、提供する情報を絞り込んで書くと、メールの内容の一貫性が保てるため、流し読みをするお客さまにとって理解しやすくなります。

お客さまが読みやすい営業メールの作成を心がけましょう。

なお、HTMLメールは視覚効果が高いため、お客さまにとって読みやすい営業メールを作成できます。テキストだけのメールよりも、お客さまの反応がよくなる傾向があります。

HTML初心者の営業担当者向けに
HTMLメールは開封率やクリック率を検知できるといったメリットもあります。初心者の営業担当者向けに、HTMLについての基礎知識を別記事の「HTML初心者のための使えるHTML基礎知識」にまとめました。ぜひ覧ください。

営業メールはお客さまに役立つ情報を提供する

「売り込みをしたい」という気持ちが先行してしまい、一方的に製品説明を行っても、お客さまはメールを最後まで読んでいただけません。

営業メールのコンテンツは、お客さまにとって業務の役に立つ内容であることが必要です。

お客さまにとって役に立つ内容とは、「事例」や「お客さまの声」です。

営業メールでは、自社製品の紹介に加え、関連する成功事例を紹介します。自社製品を購入していただくことで、お客さまにとってどのようなメリットがあるのかをしっかりと伝えることが重要です。

お客さまにとって役立つ情報を提供し、興味を持っていただくことで、ビジネスの機会は生まれるのです。

お客さまに取っていただきたい行動を明確に伝える

お客さまに営業メールを開封していただき、読んでいただいても、行動を起こしていただかなければ、営業メールの目的は達成されません。

お客さまの行動を促すために、どのような行動を取っていただきたいかを明確にお伝えしましょう。

たとえば、お問い合わせをいただきたい場合は、どのような手段でお問い合わせをいただくかをお伝えします。

アポイントメントを獲得したい場合は、候補の日時を3つほど提示します。どの日程も都合が合わない場合は、別の日時をご提示いただくことをお伝えしましょう。

営業メールの例文

営業メールの例文をご紹介します。例文を参考に営業メールを作成し、先輩や上司に確認していただきましょう。

営業メールの例文

件名:【面談のお願い】「マーケティングオートメーション3」で新規顧客獲得のご提案
差出人名:鈴木太郎(株式会社XYZ)

ABC株式会社
マーケティング部 田中様

株式会社XYZの鈴木です。

新規顧客の獲得にお悩みとのことでしたが、弊社の「マーケティングオートメーション3」をご活用いただくことで、新規顧客の獲得に繋がる可能性があると思い、ご連絡差し上げました。

ご提案させていただく弊社サービス「マーケティングオートメーション3」は、数多くお客さまにご導入していただいており、新規顧客の獲得に成功した実績がございます。

貴社ビジネスへのお力添えもできましたらと考えております。

つきましては、ぜひお話をさせていただきたいのですが、
1時間ほどお時間を頂戴できますでしょうか。
下記の日時であれば貴社にお伺いできます。
田中様のご都合はいかがでしょうか。

【候補日時】
・◯月◯日(曜日)◯:◯◯ ~ ◯:◯◯
・◯月◯日(曜日)◯:◯◯ ~ ◯:◯◯
・◯月◯日(曜日)◯:◯◯ ~ ◯:◯◯

上記日程で差し障りがございましたら、
大変お手数ですが、ご都合のよい日程をお知らせいただければ幸いでございます。
ご多忙の折、甚だ恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

さいごに

今回は、営業メールを用いてビジネスの機会を作り出すための、工夫についてご紹介しました。

当社では、「事例で学ぶ」メールマーケティングの成功法則セミナーというセミナーを定期開催しています。

本セミナーでは、メールを活用し営業勝率がアップした事例や、新規開拓に成功した事例などをご紹介します。ご興味があればぜひご参加ください。