オウンドメディアでどのくらいリードを獲得できるの?当社のデータを公開します

みなさま、こんにちは。
いつも私たちのメルマガ『マケ便』をお読みいただきありがとうございます。
本日の『マケ便』は、北岡(きたおか)が担当いたします。

マーケティング施策を検討するときに、「その施策にどのくらいの効果があるのか」は、マーケターのみなさんが気になるポイントの1つです。

オウンドメディア施策を検討しているみなさんも、おそらく「どのくらいの期間で、どのくらいのリードを獲得できるか」について、気になっていると思います。

そこで、本日のマケ便では、当社のオウンドメディア「マケフリ」を例に、立ち上げから現在までの、リード獲得数やPV数の推移をご紹介します。

本日お伝えする内容は、「事例で学ぶ オウンドメディア運営と記事制作セミナー」でさらに詳しくお話ししています。加えて本セミナーでは、当社のオウンドメディア運営や記事制作のノウハウを余すことなくお伝えしていています。「これからオウンドメディア運営を始めたい」というマーケターのみなさんは、ぜひご参加ください。

※2020年8月13日配信

オウンドメディア運営は長期的な視点で

オウンドメディアは、うまく軌道にのれば、毎月100件以上のリードを安定的に獲得できます。しかし、立ち上げ当初から、100件以上のリードを獲得できるわけではありません。

オウンドメディアで安定的にリードを獲得するには、オウンドメディア施策を長期的な目線でみる必要があります。オウンドメディアが軌道に乗るまでには、最低半年はかかると思った方がいいでしょう。

「今すぐにまとまったリードを獲得したい」と考えているマーケターには、オウンドメディア施策は向いていません。

次の章から、当社のオウンドメディア「マケフリ」の、PV数やリード獲得数の推移をご紹介します。

苦しかった半年間:月間リード数 数件

マケフリは、2人体制で立ち上げました。

最初の3ヶ月間は、月間2,000PVにも満たず、月間リード獲得数も、片手で数えられる程度でした。

また、立ち上げ当初は検索順位が定まりづらいため、前月よりもPV数が落ち込んだ月もあったくらいです。

最初の半年は、どうしても苦しい状況が続きます。PV数やリード獲得数といった数字だけを見ると、「自分の記事には価値がないのか…」と心が折れそうになるかもしれません。

立ち上げから半年は、結果を気にせず記事を書いてみましょう。たとえPV数が伸びなくても、「初めのうちは、数字は伸びづらいものだ」と思っておきましょう。

この「半年間は成果が見えづらい」という認識は、社内にも共有しておきましょう。半年はPV数が伸びづらいことを伝えておかないと、みなさんは「3ヶ月も経つのに、まだ毎月数リードしか取れていないの?」と言われてしまうかもしれません。

やっと成果が見え始めた半年〜1年:月間リード数50件

半年も経つ頃には、メンバーも増え、4人体制で運営していました。

立ち上げから1年時点の月間PV数は15,000、月間リード獲得数は50件ほどです。やっと安定的な成果を得られるようになってきたかな、という段階です。

1年間オウンドメディアを継続していると、「あるジャンルの記事はほとんど書き切ってしまった」という状況になります。そんなときは、オウンドメディアの記事を、セミナーやホワイトペーパーに加工することをおすすめします。

既にある記事をセミナーやホワイトペーパーとして加工すると、新たなリード獲得経路を開拓できるためです。

ゼロからセミナーやホワイトペーパーを作成するのは骨が折れます。しかし、既存の記事をベースにセミナーやホワイトペーパーを作成すれば、最小限のコストで、新たなリード獲得経路を確保できます。

安定的にリードを獲得できる現在:毎月リード数100件

現在、マケフリは、立ち上げから2年ほど経ちます。

現在の月間PV数は70,000ほどです。ようやく、月間100件以上のリードを安定的に獲得できるようになってきました。

より多くのリードを獲得するには、コンバージョン率を上げるための導線設計が欠かせません。導線とは、メルマガに登録していただいたり、資料をダウンロードしていただくための道筋のことです。

コンバージョン先が魅了的に見えるように、バナー広告のデザインや位置、キャッチコピーにも改善を重ねていきます。

当社のオウンドメディア運営や、記事制作のノウハウを余すことなくお伝えします

マケフリ編集部では、「事例で学ぶ オウンドメディア運営と記事制作セミナー」というウェビナーを無料で定期開催しています。当セミナーはWebで受講できるため、会場に足を運ぶ手間はかかりません。

  • マケフリ立ち上げ〜現在でのエピソード(事例)
  • お客さまに喜ばれる記事の作り方
  • 獲得したリードを商談につなげる仕組み

セミナーでは、上記の内容を解説いたします。オウンドメディアの記事制作、運営に課題を感じている担当者さまのご参加をお待ちしています。

「事例で学ぶ オウンドメディア運営と記事制作セミナー」のお申し込みはこちら