メルマガの件名を「仕上げる」4つのテクニック

みなさまこんにちは。マケフリ編集部です。

メルマガの件名ができた!と思っても、「本当にこれで開封されるだろうか…?」という不安はつきものですよね。

本日は私たちがメルマガの件名を「仕上げる」ときに使う4つのテクニックをご紹介します。

商談が増える。読んでもらえる。メールマーケティングの成功法則セミナー」では、メルマガKPI改善のノウハウに加えて、商談に繋げる導線設計の具体例もご紹介します。実は最近リニューアルしたこのセミナー、みなさまぜひいらしてください!

※2021年10月22日配信

入れ替え・削除・言い換え・整理

私たちはメルマガの件名を仕上げるとき、「入れ替え」「削除」「言い換え」「整理」の4つの観点で件名を見直します。

メルマガの件名を仕上げるテクニック。「入れ替え」「削除」「言い換え」「整理」

<1:入れ替え>
タイトルの後半部分は受信ボックスで表示されません。「重要な情報」「キャッチになる表現」は前半に配置しましょう。

<2:削除>
私たちは「40文字超えのタイトルを全て読む読者はいらっしゃらない」と想定しています。なくてもよい表現は削除しましょう。

<3:言い換え>
「同じ意味だが文字数が異なる」とき、私たちはより短い表現を優先します。たとえばこのメルマガの件名も、「メルマガのタイトル」ではなく「メルマガの件名」を採用しました。もちろん文字数だけでなく、読者のみなさまに伝わる語句に言い換えることも大切です。

<4:整理>
入れ替え、削除し、言い換えると、日本語として不自然になったり、意味が通りにくくなったりすることがあります。適宜記号を使って、日本語として自然に意味が通るように整理しましょう。

メルマガ「だけ」じゃ、商談は増えない…?

メルマガから商談を生み出すには、メルマガの次の導線設計が欠かせません。

無料ウェビナー「商談が増える。読んでもらえる。メールマーケティングの成功法則セミナー」では、メルマガのKPI改善のノウハウだけでなく、次の導線設計の考え方もご紹介します。

メールマーケティングで商談を増やしたいみなさまのご参加をお待ちしています。

「商談が増える。読んでもらえる。メールマーケティングの成功法則セミナー」のバナー