短い件名と長い件名。開封率が高いのは?

みなさまこんにちは。マケフリ編集部です。

今回は、私たちが開催するメールマーケティングのセミナーでお客さまからよくご質問いただく、開封率改善のノウハウをご紹介します。

そのノウハウとは、ずばり「メルマガの件名を短くする」ことです。お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ最近の私たちのメルマガの件名も短くしています。

※2021年12月06日配信

短い件名は開封率が1%以上高い

私たちが毎週1通メルマガをお送りする中で、短い件名の方が、開封率が高い傾向にあることに気がつきました。

そこで、実際に調べるため、私たちは短い件名と長い件名のABテストを実施しました。その結果、短い件名は、長い件名と比較して、開封率が1.8ポイント高くなりました。

さらに、直近でお送りしたメルマガのうち、20文字以下の短い件名のメルマガの平均開封率は、30文字以上の長い件名のメルマガと比較し、2.1ポイント開封率が高いことがわかりました。

明確な因果関係があるかはわかりかねますが、短い件名と開封率には相関関係があると考えています。

しかし、たんに件名を短くするだけでは、相手にメルマガの内容が伝わらず、結果開封してもらえません。

短い件名を作る際は、「このメルマガの要点を示せているか」に注意しましょう。

明日から使える、開封率改善テクニックをご紹介します

今回ご紹介したメルマガの件名以外にも、開封率を改善できる要素はあります。

私たちが開催する「商談が増える。読んでもらえる。メールマーケティングの成功法則セミナー」では、今回ご紹介しきれなかった開封率を改善するノウハウをご紹介しています。

他にも、CV率を上げるテクニックなど、私たちのメールマーケティングのノウハウをぎゅぎゅっとまとめました。無料でご参加いただけますので、ぜひお気軽にご参加ください!