メルマガの装飾はこれだけ見ればOK!装飾の基礎知識からテンプレートまで

メルマガの装飾は、メルマガの可読性を高くします。特にテキスト形式のメルマガでは有効です。

テキスト形式のメルマガでは、装飾がなければ、文字が詰まって見えたり、話題の変わり目が分からなかったりします。読みにくいメルマガは、開封率の低下にもつながります。

今回は、メルマガの装飾の基礎知識やテクニック、テンプレートサイトをまとめました。

みなさまのお役に立てれば幸いです。

メルマガ一般の基礎知識について
メルマガの一般的な概要と基礎知識は、「メルマガとは?読めば全てがわかる徹底解説」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

メルマガ装飾の基礎知識とテクニックは2つずつある

メルマガ装飾をうまくこなすためには、メルマガ装飾のための基礎知識とメルマガ装飾のためのテクニックを覚えておきましょう。メルマガの担当者が装飾の基礎とテクニックを使えば、メルマガが読みやすくなるうえに、メルマガ読者に好印象を与え、メルマガ開封率の改善につながります。

メルマガの装飾の基礎知識

メルマガの装飾では、「どこを装飾するか」と「どんな装飾を選ぶか」の2点が重要です。

メルマガのどこを装飾すべきか

メルマガは、ヘッダー、リード文、見出し、本文、CTA、フッターなどの要素で構成されます。各要素には、メルマガ内でそれぞれの役割があります。役割の区切りを装飾することで、その役割の違いが読み手にも伝わるため、メルマガが読みやすくなります。

メルマガの各要素の境目を、区切り線などを使って装飾しましょう。

例えば、メルマガのリード文などの本文内で強調したい部分などがあれば、メルマガに装飾をほどこしましょう。

メルマガの装飾は、「要素と要素の間の区切りとして」「強調したい部分」にすることをおすすめします。

どんな装飾を選ぶべきか

メルマガの装飾の2つの例をごらんください。

1つ目のメルマガの装飾は、シンプルな直線で装飾しており、文字と装飾の境がはっきりしています。

2つ目のメルマガの装飾は、文字は読めますが、メルマガの装飾が文字に負けてしまっています。これでは、文字を装飾によって意味づけできていないだけでなく、装飾と文字の境がわかりづらく、かえって読みにくくなります。

メルマガ装飾のテクニック

メルマガ装飾のテクニックとは、メルマガの書き方の一環として、文章に加えるちょっとしたデザインの工夫です。メルマガが読みやすく、そして読者に伝わりやすくなります。

メルマガ装飾のコントラストで強調する

メルマガ本文内の強調したい箇所では、力強くかつシンプルな線形の装飾を使うことをおすすめしました。本文内に連続して、メルマガの装飾をしたい場合には、メルマガ本文内の線形の装飾にコントラスト(強弱をつける)にて、区別します。

強調したい箇所ですので、キャンペーンの内容や、リンクなどが該当します。キャンペーンの内容や、リンクに派手な装飾を施すと、読者にあからさまな印象を与えてしまいます。

そこで、装飾のコントラストを用いてキャンペーンの内容やリンクを目立たせる、というテクニックが使えます。以下の例をごらん下さい。

上記のメルマガ装飾の例では、シンプルな区切り線の中に、派手になりすぎない程度の装飾で、リンクが囲いました。空白や改行とメルマガの装飾をうまく組み合わせて、上手にURLを強調できています。

メルマガの装飾が続く場合には、メルマガ装飾のコントラストをうまく活用しましょう。

ファーストビューを意識する

メルマガのヘッダーやタイトル部分は、メルマガの顔に当たり、多くの読者が最初に目にする部分です。

メルマガを読者の印象に残したいと思うあまり、タイトルで行数を取るメルマガを見かけます。メルマガの件名をみて、メルマガの開封を決めて、そして最初に飛び込んでくるファーストビュー。それが、いつも目にするメルマガのタイトルではもったいないです。

メルマガのファーストビューは、あなたが一番伝えたいことや、読者にとっていただきたい行動などをまとめておくのも良いでしょう。

メルマガ装飾の例をごらんください。

1つ目のメルマガ装飾の例では、ヘッダーにおける改行が少なく、ファーストビューに新サービスのリンクが表示されています。

2つ目のメルマガ装飾の例は、ヘッダーやタイトルの装飾で改行が多くファーストビューの大半をしめます。メルマガのヘッダーこそ装飾によって目立ちますが、一番見て欲しい新サービスのリンクはファーストビューに表示されません。

メルマガ装飾を控えたファーストビューで、メルマガ読者の行動をうながす工夫をしましょう。

メルマガの書き方のまとめ
当社ではこれまでにメルマガを600回以上配信してきました。当社が得た経験やノウハウをメルマガの書き方のまとめとして「メルマガの書き方の3つの秘密を教えます!」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

メルマガの装飾テンプレート集(テキスト形式編)

メルマガの装飾の基本とテクニックについて紹介をしました。みなさまのメルマガ装飾の知識は深まりましたでしょうか?

ここからは、メルマガ装飾に便利な、メルマガ装飾のテンプレートをご紹介します。

メルマガdeco

メルマガdeco
http://www.mail-deco.com/

メルマガdecoは、メルマガの装飾に使えるラインやパーツを無料提供しているサイトです。種類がかなり豊富で、「ライン」「タイトル」「署名」などをあつかっています。

ジャンルも「シンプル系」「かわいい系」「キラキラ系」など、直感的です。

メルマガ+テンプレート


メルマガ+テンプレート
http://t-mailma.sub.jp/index.html

メルマガ+テンプレートも、メルマガの装飾に使えるラインやパーツを無料で提供しているサイトです。用途別、デザイン別など、細かくジャンル分けされているので、目的の装飾を見つけやすいでしょう。

メルマガ用テキスト素材集


メルマガ用テキスト素材集
http://landhere.jp/services/etc/mrmaga.php

メルマガ用テキスト素材集は、他にはない、独自性の高いメルマガ装飾が公開されています。

その他のメルマガのデザインテンプレについて
その他の便利なメルマガのテンプレートについては「メルマガのデザインはこれで完璧!メルマガテンプレート活用術とデザインギャラリーまとめ」でまとめてございます。ご参考になれば幸いです。

メルマガ装飾の注意点

メルマガの装飾の注意点についてまとめます。

メルマガの装飾では機種依存文字の文字化けに注意しよう

さいごに、これだけは気をつけておきたいメルマガ装飾時の注意点をご紹介します。ずばり、文字化けです。

メルマガの装飾には、環境依存文字(機種依存文字)が含まれていることがあります。会社のパソコンでは読めるのに、私物のiPhoneだと文字がうまく表示できない場合には、たいていは、機種依存文字による文字化けです。

メルマガの装飾では、とくに機種依存文字を使ってしまうケースがあり、文字化けの原因となります。文字化けしそうなメルマガの装飾を、メルマガのテスト配信や、外部のチェックサービスを使って、あなたのメルマガの文字化けを回避しましょう。

環境依存文字をチェックする際は、環境依存文字の有無をチェックする無料のサービスもあります。

機種依存文字チェッカー
https://www.submit.ne.jp/tools/check

機種依存文字チェッカ
http://www.mis.med.akita-u.ac.jp/~kata/works/izonmoji/check.html

あなたのメルマガ本文と装飾をそのままコピペして確認します。

メルマガのフォントは、送信側が選べない

メルマガの装飾が崩れてしまっている。こういうこともあります。メルマガのフォントの影響です。

HTMLメールでメルマガを装飾する場合には、フォントを指定できます。しかし、受信者が受信したメルマガは、別のフォントで表示されている。こんなことがあります。受信者の環境に、HTMLメールで指定されたフォントが無かったり、受信者が環境設定でフォントを指定している場合です。

HTMLメールの基本とまとめ
HTMLメールについては、別記事の「HTMLメールとは?ビジネスで使えるHTMLメールの作り方を解説!」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

テキスト形式のメルマガでは、メルマガ送信側が表示するフォントを指定することはできません。メルマガ受信側のソフトで設定したフォントで、あなたのメルマガの装飾が表示されます。

唯一の対策は、メルマガの装飾する際には、よく使うメジャーなフォントで試すことです。また、本記事で紹介したシンプルな線形の装飾で、メジャーなフォントでは崩れないようにメルマガ装飾を組んでおきましょう。

さいごに

メルマガの装飾についてご紹介しました。メルマガの基礎とテクニックの4点は、ぜひ覚えておきましょう。当社では、無料のメールマーケティング セミナーを実施しています。人気のセミナーですので、お早めにご予約くださいませ。

当社が開催する無料セミナー一覧
当社が開催する無料セミナー一覧は、下記のリンクからごらんになれます。
https://www.kairosmarketing.net/seminar