メールマーケティングとは?一番わかりやすい入門編

メールマーケティングは、マーケティング活動の中核的な位置付けです。価格面でも運用面でもお手軽に始めることができることが人気の理由です。

メールマーケテイングの概要

メールマーケティングの企画や運用を検討するためにも、メールマーケティングの基本や目的はしっかりとおさえておかなくてはなりません。

メールマーケティングとは?

メールマーケティングとは、メールというコミュニケーション手段を用いて、見込み客に自社や自社商材のファンになっていただいたり、自社製品を購入していただくような仕掛けを展開していただくマーケティング施策です。

メールマーケティングは、他の手段よりも安く一度に多数の見込み客と接触が可能で、BtoBマーケティングでもBtoCでもよく使われています。

メルマガとメールマーケティングの違い

最も知名度が高いマーケティング施策に、メルマガがあります。メルマガは、自社の顧客リストに対してメールで定期的にコミュニケーションを取るマーケティング施策であり、メールマーケティングの1つの手法です。

メルマガの基本事項のまとめ
メルマガの基本や基礎知識は「メルマガとは?読めば全てがわかる徹底解説」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

メルマガとメールマーケティングを混同しないように注意しましょう。メールマーケティングの主な手法については、後の章で説明します。

注目を集めているメールマーケティング

メールマーケティングに取り組む企業が、ここ数年増えています。

お客さまとのコミュニケーションをとる手段として、コストが安く、お手軽に始めることができることが、メールマーケティングに取り組む企業が増えている要因です。

同時に、名刺管理ツールやマーケティングオートメーションの導入により、社内の顧客リストを一元管理できるようになってきたことも、メールマーケティングに取り組む企業が増えているもう1つの理由と考えられます。

メールマーケティングが注目される理由やメリットをくわしくみていきましょう。

メールマーケティングが注目される理由とメリット

メールマーケティングに取り組む企業が増える理由や、メールマーケティングのメリットは、「コストが安い」「お手軽に始めることができる」「顧客リストのデジタル化」にまとめることができます。

メールマーケティングはコストが安い

メールマーケティングは多数のお客さまと接触する手段です。メールマーケティングにかかるコストがせいぜい月々数万円です。メールマーケテイングと同じく多数のお客さまと接触する手段であるダイレクトメールや電話営業に比べると、メールマーケティングは比較的安価といえます。

メールマーケティングは比較的かんたんにできる

メールはビジネスでも主要なコミュニケーションツールの1つです。メールの仕組みや操作概要は、多くの人がすでに知っています。

メールマーケティングのためのツールの使い方を覚える必要はありますが、他のマーケティング施策と比べても、比較的かんたんに取り組むことができます。

社内の顧客リストのデジタル化が進んだ

名刺管理ツールやマーケティングオートメーションの普及にともない、多くの企業で顧客情報のデジタル化が進みました。

デジタル化された顧客リストに、自社や自社商材のファンになっていただいたり、自社製品を購入していただくためのマーケティング施策を手がける企業が増えました。

メールマーケティングでよく使う用語

メールマーケティングの企画や運用で覚えておきたいメールマーケティングの主な用語をまとめました。

開封率

送信したメールが開封した割合をさします。あなたのメルマガの開封率は、開封されたメルマガ数を、送信したメルマガ数で割ることによって算出できます。開封率を測定するためには、メール配信ツールでHTMLメールを使う必要があります。

クリック率・CTR

送信したメールの本文内のリンクをクリックていただいたメール数の割合がクリック率です。クリック率は英語でClick Through Rateになり、その頭文字をとってCTRと略すこともあります。クリック率は、クリックされたメール数を送信したメール数で割ることで算出できます。

送信成功率(送信エラー率)

送信成功率は、送信しようとしたメール数のうち、送信に成功したメールの割合をさします。送信に失敗した割合を送信エラー率と呼びますが、送信成功率も送信エラー率も、同じ意味合いを持っています。

オプトインとオプトアウト

メールマーケティングで、あらかじめメール配信の許可をとっておくことをオプトインと呼びます。オプトインは、メールマーケティングのための事前承認にあたります。

オプトアウトは、メールマーケティングのメールをいつでも配信停止できるような仕組みを提供することです。

メルマガの法律は、メールマーケティングするためには覚えておきましょう。

HTMLメール

HTMLメールは、HTMLで記載したメールの形式です。HTMLメールには、メールの開封が検知できたり、視覚効果の高いメールコンテンツを作成できるメリットがあります。最近のメールマーケティングのメールは、HTMLメールが主流です。

HTML形式のメールでは、マルチパートメールを利用することが欠かせないことも覚えておきましょう。

コンバージョン率

コンバージョン率とは、そのメールの目的を達成した受信者の割合です。例えば、セミナー集客が目的なら、セミナー登録者数をメールの配信数で割ることで、コンバージョン率を算出できます。

カスタマージャーニー

カスタマージャーニーとは、お客さまの購買行動に感情を加えて、「旅」に例えたものです。メールマーケティングの施策を考える際に、カスタマージャーニーでお客さまの状態を理解した上で、最適な情報を届けるコンテンツを企画検討します。

ペルソナ

メールマーケティングでも、ペルソナはカスタマージャーニーとセットで考えます。ペルソナは、カスタマージャーニーの主人公であり、理想の顧客像です。

リードナーチャリング

リードナーチャリングは、買っていただくための下地作りです。見込み客の育成などと日本語訳されることがあります。リードナーチャリングをメール中心に実施することが、メールマーケティングであると言えます。

主なメールマーケティングの手法

メールマーケティングには多くの手法があります。メールマーケティングの手法をまとめると、おおよそ本章で紹介する6つに分類できます。

メルマガ

メールマーケティングの代表格はメルマガです。自社の顧客リストに対して、定期的にかつ一斉配信するメールのことを指します。海外ではニュースレターと呼ばれることがあります。

ステップメール

ステップメールとは、事前に設定したスケジュールで、あらかじめ用意したメールコンテンツを自動で配信するメールマーケティングの手法の1つです。ステップメールを送るためには、ステップメールに対応したメール配信ツールやマーケティングオートメーションが必要です。

広告・営業メール

メールマーケティングでは、売り込みを目的とすることがあります。新製品の紹介、特別キャンペーンの案内などがこれにあたります。新製品発表やキャンペーンの開始時に、自社の顧客リストに対してメール配信します。

案内・開催通知メール

展示会や自社セミナーのご案内も、メールマーケティングではよく見かけるアプローチです。展示会や自社セミナーへの集客を目的とします。

展示会報告メール

メールマーケティングでは、展示会や自社のセミナーなどのイベントに関する告知や案内を届けることはありますが、イベントの報告をメールで届けることは、意外に手がけられていません。

受信者にとって関心あるイベントを案内するなら、イベントの報告もメール配信すべきです。案内も報告も、メール受信者にとっては等しく有益な内容になるでしょう。

自動返信メール

自社のホームページからの問い合わせに対して、自動で返信するメールがあります。「2、3営業日以内に担当者からご連絡を差し上げます」だけでなく、宣伝や販売促進目的の情報も同時に届けてはいかがでしょうか?メールでマーケティングする点では、自動返信メールもマーケティングメールの1つの手法といえます。

メールマーケティングのやり方と手順

メールマーケティングの業務の手順をまとめました。ここまで紹介してきたメールマーケティングの企画を実行・運用する流れをご紹介します。

1.ペルソナを設定する

メールマーケティングでも、他のマーケティング施策と同じく、理想のターゲット像であるペルソナの設定をしましょう。

ペルソナの基本と設定方法について
理想のターゲット像であるペルソナの基本事項やペルソナの作り方については、別記事の「ペルソナとは?一番わかりやすい入門編」でまとめました。ご参考になれば幸いです。

BtoBマーケティング向けのペルソナは、個人のペルソナと企業のペルソナの2つを作成することが大切です。

ペルソナの作り方
ペルソナの作り方の手順は、「ペルソナとは?一番わかりやすい入門編」にまとめてございます。

2.カスタマージャーニーを理解する

次に、設定したペルソナがあなたの製品やサービスを買うときのカスタマージャーニーを整理しましょう。

カスタマージャーニーは、「旅」になぞらえられているように、出発と到着(ゴール)があります。出発と到着こそが、メールマーケティングのターゲットであり、ゴールでもあります。つまり、出発地点にある状態のペルソナを、到着地点の状態まで変化させることが、あなたのメールマーケティングの目的です。

カスタマージャーニーの作り方・考え方
カスタマージャーニーの作成方法は「カスタマージャーニーとは?一番わかりやすい入門編」でまとめました。

3.セグメンテーションする

ここからがメールマーケティングの実行です。まずは自社の顧客リストからペルソナに合致するセグメンテーションをします。

セグメンテーションの基本事項
セグメンテーションとは、買い手の市場やタイプを、売り手にとって意味のある要素で切り分ることをさします。くわしくは「セグメンテーションとは?事例で学ぶ基礎と活用方法」でまとめました。

セグメンテーションは、メール配信ツールやマーケティングオートメーションの機能を利用します。

マーケティングオートメーションでセグメンテーションするためには
マーケティングオートメーションは、セグメンテーションの機能が豊富にあります。セグメント配信の利用例は「セグメント配信とは?メルマガ反応アップのテクニック紹介」が参考になります。

4.メールを作成する

メールマーケティングで利用するメールを作成します。メールマーケティングでもメルマガの書き方が参考になります。良いメールのタイトルやレイアウトは、あなたのメールの反応を高め、開封率をアップすることにつながります。

メールマーケティングにおけるメールの書き方について
メールマーケティングのメールコンテンツの書き方は「メルマガの書き方の3つの秘密を教えます!」が参考になります。
メールのタイトル(件名)のテクニックのまとめ
メールマーケティングにおけるメールのタイトル(件名)のテクニックは「メルマガタイトル(件名)の作り方〜開封されるタイトルを3分で作る方法」でまとめました。あわせてごらんください。

5.結果を確認する

メールマーケティングの効果を確認するために、主要な指標を確認します。到達率、開封率、クリック率くらいは少なくともチェックするようにしましょう。開封率は、一斉配信のメールマーケティングなら16〜20%くらいは維持できると良いでしょう。

メールマーケティングの開封率の平均値
メールマーケティングでも、主たる指標はやはり開封率でしょう。目標としたい開封率は「メルマガ開封率がグッと上がる!メルマガ開封率の現状と改善策のまとめ」で、まとめました。あわせてごらんくださいませ。

メールマーケティングで利用するツール

メールマーケティングには専門のツールが必要です。一般的には、メール配信ツールかマーケティングオートメーションを使います。

メール配信ツール

メールマーケティングで、長年使い続けられてきたツールがメール配信システムです。近年ではクラウドタイプのツールが主流になってきました。

メール配信ツールは機能がメール配信に特化している一方で、お手軽な料金で利用できます。

マーケティングオートメーション

マーケティングの領域で、近年注目を集めているツールがマーケティングオートメーションです。

マーケティングオートメーションもメール配信ツールと同様にクラウド型が中心です。メール配信以外にも、顧客管理やWEB解析、フォーム作成、セミナー管理など、マーケティングで活用できるツールがセットになっています。

マーケティングオートメーションについて
マーケティングオートメーションについては、「マーケティングオートメーションとは?一番わかりやすい入門編」で基本事項からまとめました。マーケティングオートメーションの概要を理解する上で、おすすめの記事です。

さいごに

メールマーケティングの基本、最近のトレンドについてまとめました。メールマーケティングの企画や運用に携わるみなさまのご参考になれば幸いです。