オンラインのプレゼンは対面のプレゼンとここが違う|資料作成や発表、環境の整え方をご紹介

リモートワーク推進の流れに伴って、ウェビナーやWeb会議システムを介しての商談など、オンラインでプレゼンテーションをする機会が増えています。対面でのプレゼンテーション経験がある方は、

「プレゼンが対面からオンラインに変わったところで、話す内容は同じだから大丈夫だろう」

とお思いかもしれません。

しかし、私たちの経験上、オンラインのプレゼンは対面のプレゼンよりも難易度が高く、オンラインのプレゼンを、対面でのプレゼンと同じように実施すると、多くの場合失敗に終わります。

現に私たちも、対面でのセミナーをウェビナー形式に変更したところ、変更当初は、セミナーアンケートの満足度が低下しました。お話しする内容やプレゼンターは同じにもかかわらず、セミナー満足度が低下したのです。

この記事では、オンラインのプレゼンが難しい理由と、オンラインのプレゼンで実施すべき工夫をご紹介します。この記事で紹介する工夫を実行することで、私たちのウェビナーは、満足度約97%を達成しています。

オンラインのプレゼンが難しい理由

まずは、なぜオンラインのプレゼンが難しいのかをご説明します。

聞き手の集中力を維持するのが難しいため

オンラインのプレゼンが難しい1つ目の理由は、聞き手の集中力を維持するのが難しいためです。

オンラインのプレゼンには、

  1. 聞き手の気が散りやすい
  2. 一方通行のプレゼンになりやすい

という2つの特徴があります。どちらの特徴も、1対多の提案や、ウェビナーでのプレゼンなど、プレゼンターから聞き手が見えないプレゼンで顕著な特徴です。

まずは、「1」についてご説明します。

対面でのプレゼン中に、聞き手が露骨に別の作業を始めてしまうことは稀です。しかし、プレゼンターから聞き手が見えないと、聞き手にとって、プレゼン中は何をしようと自由な時間になってしまいます。聞き手はプレゼン中にちょっと気になったことをブラウザで検索したり、かかってきた電話に出たりできます。オンラインでのプレゼンは、そもそも聞き手がプレゼンに集中しにくく、プレゼン内容をしっかり聞いていただけない傾向があります。

次に、「2」についてご説明します。

対面でのプレゼンでは、プレゼンターが聞き手の目を見て語りかければ、すぐに聞き手とのコミュニケーションが生まれます。しかし、オンラインのプレゼンではそうはいきません。プレゼンターはただ話し続け、聞き手はただじっと聞くだけになりがちです。すると聞き手は、集中力の維持が困難になります。

体験としてのクオリティが下がるため

オンラインのプレゼンは、Web会議システムやウェビナーツール上で実施します。すると当然ですが、対面のプレゼンとくらべて、音質や画質は低下してしまいます。

単に音質や画質が悪いだけでなく、プレゼン中に音声や映像が途切れることもあるでしょう。プレゼンターの映像は小さく表示されるため、プレゼンターのボディランゲージも伝わりづらくなります。

他にも、オンラインのプレゼンでは、プレゼンの前も含めて、以下のような小さなストレスが発生しがちです。

  • 参加方法がよくわからない
  • セキュリティの関係で社用PCから参加できない
  • 参加できたものの、操作方法がわからない

オンラインのプレゼンでは、体験としてのクオリティが、どうしても対面でのプレゼンよりも劣ってしまいます。

オンラインのプレゼンを構成する4つの要素

オンラインのプレゼン時に実施する工夫をご紹介する前に、まずはプレゼンテーションを構成する4つの要素を確認しておきましょう。

オンラインのプレゼンは、以下の4つの要素から構成されます。

「ストーリー(全体の構成)」については、オンラインのプレゼンと対面のプレゼンでの大きな違いはないため、この記事では割愛します。 

この記事では、オンラインでプレゼンを実施する際の、「資料作成」「発表」「環境」のポイントをご紹介します。

オンラインプレゼンのポイント:資料作成

オンラインのプレゼン資料を作成するときは、「1スライド1メッセージ」と「プレゼン資料に動きをつける」ことを心がけましょう。

1スライド1メッセージを心がける

プレゼン資料を作成するときは、「1スライド1メッセージ」を心がけましょう。「1スライド1メッセージ」は、オンラインでのプレゼンに限らない、あらゆるプレゼンテーションの基本中の基本です。

メッセージを詰め込みすぎたスライドは、要点がわかりにくく、聞き手の理解を妨げます。1スライドの情報量を絞って、伝えたいメッセージのフォントを大きくしたり、図やグラフを挿入したりして、メッセージが伝わりやすいスライドを作成しましょう。 

プレゼン資料に動きをつける

オンラインのプレゼン資料には、パワーポイントのアニメーションなどを設定し、スライドに動きをつけましょう。

動きのないスライド(いわゆる紙芝居形式)でオンラインのプレゼンを実施すると、聞き手の集中力は十中八九途切れます。聞き手は、プレゼンターが話し終わる前にスライドの内容を読み切ってしまい、「このスライドで言いたいことはもうわかったから次に進んでよ」と感じるためです。

対面のプレゼンでは、オンラインのプレゼンとくらべて、あまりこのようのなことは起こりません。聞き手がプレセンターを見る時間も長く、資料だけを注視しているわけではないからです。

また、対面のプレゼンならば、現在のスライドを理解した聞き手は、手元の資料のページをめくって先の流れを掴んだり、前のページに戻って重要な点を読み返したりできます。しかし、オンラインのプレゼンでは、聞き手の手元に資料がない場合も多いため、聞き手の裁量で前後のスライドを閲覧できません。

オンラインのプレゼンでは、1つのスライドを理解した聞き手は、他にすべきことがなくなり、集中が途切れてしまうのです。聞き手の集中を切らさないために、スライドにアニメーションを設定しましょう。 

オンラインプレゼンのポイント:発表

オンラインのプレゼン中では、「カメラ目線」「対面よりもゆっくり大きな声で」を意識しましょう。

カメラ目線を心がける

オンラインでプレゼンをするときは、カメラ目線を意識しましょう。

プレゼンターが何も意識せずにオンラインのプレゼンを実施すると、視線はつい、手元の資料や画面に表示された相手の顔、もしくはワイプに表示された自分の顔を右往左往してしまいます。これでは、聞き手を引き込むプレゼンにはなり得ません。聞き手が、「自分に語りかけられている」と感じないからです。

また、オンラインのプレゼンでは、プレゼンターがカメラを見ない限り、聞き手からすると、そっぽを向いているように見えてしまいます。ディスプレイに表示された聞き手の顔や資料でなく、カメラを見ることで、擬似的に「相手の目を見て話す」ことができるのです。

とはいえ、カメラを見続けてプレゼンをするのは、想像以上に骨の折れる行為です。

そこでオススメの方法が、自分や相手の顔が表示されたワイプを、PCカメラの真下に設定して、自分や相手に語りかけるようにプレゼンすることです。

カメラの位置とワイプの位置が近ければ、ワイプを見ている間は、自然とカメラ目線になります。 

対面よりもゆっくり・大きな声で

オンラインのプレゼンでは、対面でのプレゼンよりも、話すスピードはゆっくりと、そして声のボリュームは大きく話すことを心がけましょう。プレゼンターが、小声かつ早口でオンラインのプレゼンを実施すると、音質のクオリティも相まって、聞き手にとって非常に聞き取りづらいプレゼンになってしまうためです。 

プレゼンターの声が大きすぎる分には問題ありません。聞き手はスピーカーのボリュームを下げるだけで済むからです。一方、プレゼンターの声が小さいと、聞き手はスピーカーのボリュームを上げなければなりません。スピーカーのボリュームが上がると、小さなノイズまで聞こえてしまうため、より聞き取りづらさが増してしまいます。

オンラインのプレゼンは、小さな会議室や自宅、オフィスの一角をパーテーションで仕切った区画で実施します。するとプレゼンターの声のボリュームは、大きなプレゼン会場で話すよりも小さくなりがちです。オンラインでプレゼンをするときは、ゆっくり大きな声を心がけましょう。 

プレゼンの練習方法を知りたい!プレゼンの成功には練習が欠かせません。プレゼンの練習方法を「プレゼン練習法まとめ | プレゼンを成功に導く3つの練習方法と7つのチェックリスト」でまとめています。あわせてごらんくださいませ。

オンラインプレゼンのポイント:環境

オンラインのプレゼンでは、機材環境と通信環境を整える必要があります。この2つの環境が整っていないと、音声や映像が乱れてしまい、聞き手はストレスを感じます。

機材環境

オンラインのプレゼンには、PCやカメラ、マイクなどの機材が必要です。この節では、オンラインのプレゼンを快適に実施するための、機材環境を整える3つの工夫をご紹介します。

 

1つ目の工夫は、オンラインでのプレゼン中に、PC内の不要なアプリを閉じておくことです。Web会議ツール以外のアプリケーションがCPUやメモリを占領し、PCの負荷が高い状態だと、映像がカクついたり、音声が途切れたりする原因になります。また、オンラインのプレゼンの前に、PCを再起動するのも有効です。

2つ目の工夫は、有線接続のイヤホンマイク使うことです。同じ価格帯なら、Bluetooth接続のマイクよりも、有線接続のマイクの方が音質がよい傾向があるためです。PC内蔵のマイクは、タイピング音を拾ってしまうため、プレゼン中にタイピングする可能性がある場合はおすすめできません。

3つ目の工夫は、カメラの画角を調整することです。オンラインのプレゼンで使用するカメラは、PC標準搭載のカメラで基本的には問題ありません。しかし、PC標準搭載のカメラだと、プレゼンターの顔を下から見上げる画角になります。

この画角は見栄え的にあまりよくないため、できればカメラの設置位置を調節しましょう。PC標準搭載のカメラを利用する場合は、PCそのものの高さを調節することになります。PCの高さを調節する場合は、PCスタンドを利用するとよいでしょう。原始的な方法ですが、PCの高さは、PCの下にティッシュボックスなどの高さのあるものを敷くことでも調節できます。 

通信環境

通信環境は見落とされがちですが、快適なオンラインのプレゼン環境を作るために、通信環境はとても重要な要素です。

通信には、上りと下りがあります。上りは、データをアップロードするときに利用します。つまり上りは、プレゼンターが音声や映像を相手に届けるために必要な通信です。下りは、データをダウンロードするときに利用します。オンラインのプレゼンであれば、聞き手は下り回線を利用して、プレゼンを視聴します。

上りと下りの通信速度は、Googleで「Speedtest」と検索をかけるとわかります。

オンラインのプレゼンに必要な通信速度は、利用するサービスによって変わります。たとえばZoomでは、高品質ビデオの場合は600kbps/1.2Mbps(上り/下り)、ギャラリービューの場合は1.5Mbps/1.5Mbps(上り/下り)が推奨されています。

また、プレゼンターは、可能であればインターネットを有線接続しましょう。有線は無線にくらべ、高速かつ安定したインターネット環境を実現できます。

実際に当社にて実験してみたところ、通信速度に20倍以上の差が出ました。みなさまの利用環境にもよりますが、これくらい差が出ることがあります。

オンラインのプレゼン環境の整え方
オンラインのプレゼン環境を整えるために必要な機材などを「Web会議環境の整え方|必要な機材や通信環境のまとめ」でまとめています、あわせてごらんください。