セミナータイトル改善で集客数が2.2倍に!セミナータイトル作成の3ステップと3つのポイント

セミナーのタイトルは、セミナーの集客数に直結します。この記事では、これまで300回以上のセミナーを開催してきた私たちが実践するセミタータイトルの作り方と、セミナータイトル作成の3つのポイントをご紹介します。

セミナーのタイトルを改善し、セミナー集客数アップを目指しましょう。

セミナータイトルを変更しただけで集客数が2.2倍に

私たちが開催するセミナーは、セミナータイトルを変更しただけで集客数が2.2倍になりました。セミナー集客の手段は、広告・メルマガ・セミナー告知サイトなどさまざまですが、現状もっとも効果があったセミナー集客施策は、セミナータイトルの改善です。

もしあなたがセミナーの集客に課題を感じているなら、まずはセミナータイトルを見直すところから出発しましょう。

セミナータイトルを作る3ステップ

この章では、セミナータイトルを作るプロセスを、3ステップで、具体例とともにご説明いたします。

この章で取り上げる具体例は、実際に私たちが開催しているセミナーです。セミナータイトル作成の前提として、私たちが開催するセミナーの概要を以下に掲載いたします。

主に企業が運営する「セミナー後に購入していただきたい商品があるセミナー」の作り方を、「企画集客運営事後フォロー」の4つの章立てでご説明するセミナー

1:セミナーターゲットの悩みを言語化する

セミナータイトル作成の1つ目のステップは、セミナーターゲットのお悩みを言語化することです。なぜなら、セミナーとは、来場者の悩みや課題を解決するための営みだからです。セミナーターゲットの悩みに訴求できないタイトルは、誰の興味も引かないタイトルになってしまいます。

私たちが設定したターゲットのお悩みは「セミナーを開催しているものの、商談に繋がらない。しかし、どうすればいいかわからない」です。セミナーターゲットのお悩みを言語化できたら、次のステップへ進みます。

セミナーは大きく分けて2種類ある
セミナーには、情報提供型セミナーと顧客獲得型セミナーがあります。情報提供型セミナーとは、「基本的に有料で、セミナーそのものが商品のセミナー」です。一方、顧客獲得型セミナーは、「基本的に無料で、セミナーの後に購入していただきたい商品やサービスがあるセミナー」です。企業が開催するセミナーの多くは「顧客獲得型セミナー」です。顧客獲得型セミナーの企画方法について「セミナー企画がセミナー成功・失敗を分ける!250回自社セミナーを企画・開催してわかったこと」でまとめましたので、あわせてごらんください。

2:セミナーの価値を洗い出し、最重要価値を決める

ターゲットのお悩みを言語化したら、次は「あなたのセミナーの価値」を言語化します。

あなたのセミナーの価値を言語化するときの手順は以下です。

  1. あなたの開催するセミナーの価値をいくつか洗い出す
  2. 「1」の中で、もっともターゲットの悩みに訴求できる最重要価値を決める

このステップで大切なポイントは、「2」の「もっともターゲットの悩みに訴求できる最重要価値を決める」ことです。なぜなら、いくらあなたのセミナーの価値をタイトルに表現しても、その価値が、設定したターゲットにとって魅力的な価値でなければ、セミナーの集客は望めないためです。

実際にセミナータイトルを作るにあたって、私たちは、セミナーの価値を以下のように洗い出しました。

  • セミナー企画のポイントがわかる
  • 広告に頼らないセミナー集客方法がわかる
  • セミナー運営を超短時間で回すためのノウハウがわかる
  • セミナーから商談に繋げるための工夫がわかる
  • セミナー後のフォローで実施すべきことがわかる
  • セミナー企画から事後フォローまで、すべての手順がわかる

セミナーの価値を洗い出したら、価値の中でもっともターゲットのお悩みに訴求できる最重要価値を探ります。

私たちのセミナーターゲットのお悩みは「セミナーから商談に繋がらないものの、どうすればいいかわからない」です。したがって、私たちのセミナーターゲットにとっての最重要価値は、「セミナーから商談に繋げるための工夫」に決定します。

勇気を出して、最重要価値以外を削ることが大切です。その理由は、本記事後半「セミナータイトル作成のポイント」の章にてご説明いたします。

3:タイトルとしてまとめる

セミナータイトル作成の最後のステップは、ターゲットのお悩みとセミナーの最重要価値を、セミナータイトルとしてまとめることです。

私たちのセミナーを例にとると、「セミナーから商談に繋がらないものの、どうすればいいかわからない」と悩んでいるターゲットが、「このセミナーに参加すれば、セミナーから商談に繋げられそう」と感じるタイトルにするわけです。

3つのステップを経て完成したセミナータイトルが【商談に繋がる 自社セミナーの作り方講座】です。

一見シンプルなセミナータイトルですが、ターゲットのお悩みに即した最重要価値をストレートに表現した結果、これまでより集客数が2.2倍になりました。

セミナータイトルは、無理にキャッチーにする必要はありません。セールスコピーの目的は、ターゲットに目的とする行動を取っていただくことです。キャッチーさを追求するあまり抽象的になってしまったセミナータイトルよりも、具体的でわかりやすいセミナータイトルの方が、ターゲットに伝わります。

ご参考までに、以前の私たちのセミナータイトルをご紹介します。私たちのセミナーは、もともと【自社開催セミナーのレシピ・セミナー】というタイトルでした。「レシピ」という表現はキャッチーですが、そのセミナーが何について教えてくれるのかは、よくわかりません。

セミナー企画・運営ノウハウを網羅的にまとめました
自社でセミナーを企画し、商談につなげていきたい担当者さまに向けて、セミナーの企画・運営ノウハウを網羅的にまとめました。こちらから無料ダウンロードいただけます。「セミナーをやっているけれど、商談に繋がっていない」という担当者さまにもオススメです。みなさまの業務にお役立てください。

セミナータイトル作成の3つのポイント

この章では、セミナータイトル作成の3つのポイントをご紹介します。

セミナータイトルの文字数は必要最小限に

セミナータイトルの文字数は必要最小限に収めましょう。なぜなら、人間が一瞬で認識できる文字数には限界があるためです。長すぎるタイトルだと、セミナーの価値が一瞬で伝わらず、ユーザーの離脱を招きます。

「セミナータイトルの文字数は必要最小限に」という主張を裏付ける事例があります。たとえば、Yahoo!ニュースの見出しは、13文字以内で統一されています。他にも、映画の字幕の文字数は、原則20文字以内と規定されています。

セミナータイトルも同様に、必要最小限の文字数で、ターゲットに即した最重要価値を表現しましょう。

とはいえ、セミナータイトルを無理に短くした結果、タイトルで表現したいメッセージがターゲットに伝わらなくなってしまっては本末転倒です。「短すぎて伝わらないセミナータイトル」よりは、「多少長くても伝わるセミナータイトル」の方が、セミナータイトルとしての役割を果たすでしょう。

セミナータイトルは、「必要」最小限の文字数にすることが大切です。

もっとも伝えたい価値を、セミナータイトルの左側に

セミナータイトルでもっとも伝えたい価値を、タイトルの左側に持ってくることも大切です。なぜなら、セミナー告知サイトによっては、表示されるセミナータイトルの文字数に制限があるためです。

たとえば、セミナー告知サイト『FIDELI』のセミナー一覧ページでは、セミナータイトルは18文字までしか表示されません。

もしもあなたが「来場者満足度99%の人気セミナー!失敗しない資産運用ノウハウ」というタイトルのセミナーを『FIDELI』に掲載したとしたら、「来場者満足度99%の人気セミナー!失」までしかタイトルが表示されないことになります。これでは、一番伝えるべき「資産運用ノウハウ」という文言が表示されないため、ターゲットを集客することは難しいでしょう。

タイトルの左側に持ってくる要素を考える上で、参考になる調査データがあります。以下のグラフは、セミナーをはじめとしたイベントに、来場者が参加する動機をまとめたものです。

調査によると、来場者がイベントに参加する動機は、何よりもセミナーの「トピック」であるという結果が出ています。セミナーのトピックとはつまり「そのセミナーがどのような価値を提供するセミナーなのか」ということです。ターゲットに即したセミナーの最重要価値を、優先的にセミナータイトルの左側に持ってきましょう。

セミナー告知サイトに掲載されているさまざまなセミナーのタイトルを見ると、「2/11〜2/13 〇〇会場にて開催! △△セミナー」というタイトルのセミナーも見受けられます。しかし、先ほどの調査データに基づくと、セミナーの会場や時期は、参加の動機として優先度が低いため、よいセミナータイトルとは言えません。

イベントにまつわる調査レポートをまとめました
イベントマーケティングの調査レポートまとめ|セミナーや展示会の効果を解説」では、セミナーなどのイベント施策にまつわるさまざまな調査レポートをまとめています。合わせてごらんくださいませ。

タイトルに盛り込めなかった価値はセミナー集客ページで表現する

これまで、

「勇気を持って最重要価値以外を削ることが大切」
「セミナータイトルは最小限の文字数に収める」

と申し上げました。

多くのセミナー担当者は、「削ることが大切」と聞くと、「他にもアピールしたいセミナーの価値があるのにもったいない…」と感じます。

しかし、セミナータイトルにすべてのアピールポイントを盛り込む必要はありません。セミナータイトルに入りきらなかった要素は、セミナーの集客ページや、セミナー告知サイトの説明欄で表現すればよいのです。

たとえば、会社の実績や過去のセミナーの満足度、有名講師の名前など、最重要価値になれなかった要素が、あなたのセミナーにはたくさんあるはずです。これらは余すところなく、セミナー集客ページで表現しましょう。

セミナー集客ページに訪れたユーザーは、少なくともあなたのセミナータイトルに興味を示したユーザーです。セミナータイトルに興味を示したユーザーは、タイトルでは表現しきれなかったセミナーの価値にも、興味を持っています。

参考までに、私たちのセミナー集客ページをこちらからごらんください。ステップ2で採用されなかったセミナーの提供価値も、余すところなくセミナー集客ページで表現しています。

セミナー集客ページを改善したいなら…
セミナー集客ページの作り方について、「セミナー集客サイトの作り方とセミナー集客ための3つの工夫と5つの要素」でまとめています。あわせてごらんください。

商談に繋がるセミナーの作り方や、ウェビナー運営が1から学ベる無料セミナー

マケフリ編集部では、「商談を生み出すセミナーの企画方法や、ウェビナー運営の要点」を無料セミナーにてお伝えしています。ウェブで受講できるため、会場に足を運ぶ手間もかかりません。概要は、以下の動画をごらんください(音声は流れません)。


商談に繋がる 自社セミナーの作り方講座お申込はこちら

受講者さまからは、

  • 「持ち帰ってすぐに実行できるノウハウが盛りだくさんでした」
  • 「講師の話し方や、ウェビナーの運営方法も参考になりました」
  • 「セミナーの企画から実施までの具体的なイメージが持てました」

といったコメントをたくさんいただいています。ぜひ、ご参加くださいませ。