HTMLメールとは?ビジネスで使えるHTMLメールの作り方を解説!

HTMLメールを使うと、メールマーケティングの効果向上が期待できます。

「テキストメールしか使っていないが、HTMLメールにするとどんなメリットがあるのか?」、「ビジネスで使えるHTMLメールはどう作るのか?」など、今回はHTMLメールに関する疑問にお答えできる情報をまとめました。

HTMLメールとは?

HTMLメールとは、Webページには欠かせない、HTMLというマークアップ言語を利用するメールのことです。

HTMLは、タグと呼ばれる「< >」で囲まれた記号を用いて、Webページの構造を定義します。

HTMLの基本事項のまとめ
HTMLの基礎や基本事項は、別記事の「HTML初心者のための使えるHTML基礎知識」でまとめました。合わせてごらんいただけますと幸いです。

HTMLメールといえば、BtoC向けのメルマガのように、凝ったデザインのメールを作るものだと思っている方も多いのではないでしょうか。もちろん、HTMLメールは、文字を装飾したり、メール内に画像を埋め込んだりできます。

しかし、HTMLメールは、かならずデザインを施さなければならないわけではありません。文字だけ記述して、テキストメールのように見せることもできます。

今使っているテキストメールをHTMLメールに変えるだけで、いくつかのメリットがあります。

HTMLメールを利用するメリット

HTMLメールを利用するメリットは、開封の検知ができることと、視覚的なメールを送れることの2つです。

HTMLメールのメリットについて、くわしく見ていきましょう。

メール開封の検知ができる

メールの開封検知は、開封率を算出するために必要です。しかしながら、メールには開封を検知する仕組みがありません。

HTMLのアクセス検知の仕組みを、HTMLメールという形で取り入れることによってメールの開封検知を推測できます。メールの開封率は、受信者の反応の良さを決定する1つの重要なKPIです。

メルマガの開封率について
メルマガの開封率の平均値、メルマガ開封率を改善するためのノウハウは「メルマガ開封率がグッと上がる!メルマガ開封率の現状と改善策のまとめ」でまとめました。みなさまのご参考になれば幸いです。

視覚的なメールを送れる

HTMLメールでは、画像の埋め込みや文字色の変更ができます。見出しの作成や文字間隔の調整は、読者にとって見やすいメールを作る点で重要です。

HTMLメールとテキストメールを、みやすさという点で比較しました。HTMLメールの方が、文字間隔が適度に空いていたり、小見出しが付けられたりしていて、読みやすいことがわかっていただけるかと思います。

HTMLメールは誘導したいリンクをボタンにできます。リンクをボタンに埋め込むことで、クリック率の向上が期待できます。

ビジネスHTMLメールの作り方

HTMLメールを作るには、3通りの方法があります。1つ目は、HTMLのスタイルを使ってメールを作る方法です。2つ目は、無料のテンプレートやHTMLをWeb上で作れるサービスを使う方法です。3つ目は、メール配信ツールやマーケティングオートメーションを使う方法です。

HTMLのスタイルを使って作る

HTMLは構造を定義する言語なので、デザインは得意ではありません。一般的に、デザインをする場合はCSSを使います。しかし、簡単なデザインならHTMLでも定義できます。

ビジネスで送るHTMLメールでは、行間の調整、文字のサイズ変更などのちょっとしたことができればよい、という方もいるのではないでしょうか。凝ったデザインは必要ないが、ちょっとだけ見栄えをよくしたいときは、HTMLのスタイルを使うのがおすすめです。

HTMLのスタイルを使う方法は、HTMLの基礎やコーディングの知識が必要なので、次にご紹介するテンプレートを使ことをおすすめいたします。

テンプレートを使って作る

HTMLメールを作るときは、テンプレートを活用するのがおすすめです。コーディングの知識がなくてもHTMLメールを作れます。

Cakemailでは、無料のHTMLメールのテンプレートやメルマガのテンプレートを配布しています。ビジネスで使えるテンプレートもあるので、ぜひ活用してみてください。

またTopol.ioでは、HTMLの知識がなくても、HTMLメールをブラウザ上でデザインできます。

もっとくわしくHTMLメールの作り方を知りたいなら
Topol.ioの詳しい使い方や、そのほかビジネスで使えるHTMLメールのテンプレートについては「効果を実感できるメルマガテンプレートのまとめ」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

メール配信ツールやマーケティングオートメーションを使う

HTMLメールの作り方の中で一番おすすめの方法は、メール配信ツールやマーケティングオートメーションを使うことです。ほぼ全てのメール配信ツールやマーケティングオートメーションには、HTMLメールを簡単に作る機能があります。

これは、当社のマーケティングオートメーション「Kairos3」のメール作成画面です。HTMLのコーディングをしなくても、ボタン一つで文字サイズを変えたり、箇条書きを作ったり、画像を差し込んだりできます。

また、文例とデザインのテンプレートもツール内に用意されています。そのままお使いいただけます。

メール配信ツールやマーケティングオートメーションをお使いの場合は、ツールを活用してぜひHTMLメールの配信にチャレンジしてみてください。

HTMLメールで忘れてはいけない3つの設定

HTMLメールを送る際には、「マルチパートメールの設定」「DKIMの設定」「メーラーの受信チェック」の3つを行います。詳しく見ていきましょう。

マルチパートを設定する

端末やドメインの仕様により、受信者はHTMLメールを受信できないことがあります。また、受信者はHTMLメールを受信設定で拒否することができます。

HTMLメールの受信拒否をしている方にHTMLメールを送ると、本文なしの空メールが送られることになり、クレームにつながりますので注意する必要があります。

HTMLが人によって受信できない問題を回避するためには、マルチパートメールを使います。

マルチパートメールとは、一つのメール内にテキスト形式とHTML形式の2つのパートを持たせ、受信者の環境に合わせていずれかの部分を優先的に表示するメールのことです。

マルチパートメールの基本事項とまとめ
マルチパートメールの基本事項やまとめ、注意事項などHTMLメール運用のためのヒントを「マルチパートメールとは?メルマガ担当者がわかりやすく解説します」でまとめました。

マルチパートメールを使えば、HTMLメールを表示できない受信者にはテキストメールが表示されます。開封は検知できなくなりますが、メールが届かないよりはよいでしょう。

マルチパートメールは、メール配信ツールやマーケティングオートメーションを使って作成、送信します。

当社が提供するマーケティングオートメーションKairos3では、以下のような画面で、HTML部分とテキスト部分の編集が可能になっています。

DKIMを設定する

HTMLメールは、フィッシング詐欺に使われることがあります。フィッシング詐欺とは、画像に埋め込んだURLが受信者から見えづらい特徴を利用して、金融機関などのメールを装って悪意のあるWebページに誘導し、個人情報などを抜き取ろうとする手法です。

そのため、HTMLメールはウィルスチェックソフトによって悪意のあるなりすましメールだと判断されてしまうことがあります。

悪意のあるメールだと判断されないためには、DKIMの設定をしましょう。

DKIMは送信元ドメインの認証技術です。DKIMを設定すると、送信元のドメインが正しいものであるかを、受信者側で検証できるようになります。

DKIMやその他のドメイン認証の基礎情報
DKIMの概要や設定方法や仕組み、その他のドメイン認証については別記事の「送信ドメイン認証(SPF、DKIM、DMARC)とは?ゼロからわかる入門編」でまとめました。あわせてごらんくださいませ。

DKIMを設定することで、HTMLメールが悪意のあるなりすましメールであるとウィルスチェックソフトに判断される可能性を減らすことができます。

2つのメーラーで受信チェックをする

HTMLメールは、メーラーによっては表示崩れが起きることがあります。メーラーは無数にあるので、全てのメーラーに表示対応することはできません。

ビジネスメール実態調査2018(http://businessmail.or.jp/archives/2018/06/05/8777)によると、仕事で使用しているメールソフトの70%以上がGmailとOutlookとあるので、まずはこの2つのメーラーで受信チェックをするのがよいでしょう。

さいごに

HTMLメールの概要と、ビジネスで使えるHTMLメールの作り方についてまとめました。メールマーケティングに携わるみなさまのご参考になれば幸いです。