メルマガとは?「うっとうしい」「時代遅れ」から脱却するたった1つの考え方

メルマガとは?読めば全てがわかる徹底解説
  • メルマガ施策の担当になったものの、なかなか参考になるメルマガが見つからない
  • メルマガを「うっとうしい」と感じる経験が多かった。上手くメルマガを書けるだろうか

これらは、現在メルマガを執筆している私が、配属当初に感じた素直な気持ちでした。この記事をお読みのあなたも、もしかすると同じ気持ちかもしれません。

私たちは、誰かにとって役に立つ、「購読してよかった」と思われるメルマガは作れると確信しています。現に、私たちマケフリ編集部には、「メルマガをいつも参考にしています!」「勉強させてもらっています!」といった読者の声をたくさん頂きます。

この記事では、「マーケティング活動におけるメルマガとは何か」「どのようなメルマガが有難いと思われるのか」、「メルマガを送る上でかならず持つべき視点」など、メルマガを始める、または継続するにあたって必須の情報を盛り込みました。参考にしていただけると幸いです。

メルマガとは

メルマガには、「広義と狭義」の2つの定義があります。広義では、メルマガとは「メールを使った定期的な情報発信」を指します。政府や非営利組織が発行するメルマガは、売上げアップを目的としないため、広義で解釈します。

一方狭義では、メルマガとは「企業または個人がマーケティングを目的として定期的に発信するメールコンテンツ」を指します。「メルマガ」と言った場合、大半のご担当者さまは、狭義の解釈をされるはずです。マーケティングとは、売上げを生み出す活動そのものであり、大半の企業は営利を目的としているからです。

メルマガにネガティブなイメージがついてしまった理由

みなさんは「メルマガ」と聞いて、どんなイメージを持ちますか。

  • 売り込みばかりで役に立たない。
  • しつこい。
  • 古臭い。時代遅れ。今の時代はSNSでしょ。

このように、メルマガにはネガティブなイメージがつきまといます。

みなさんも登録した覚えのないメルマガが届き、内容も読まずに解約、ブロックした経験が1度はあると思います。

メルマガにまつわるネガティブなイメージは、悲しい事実かもしれません。しかし、これからメルマガを始めようと考えているご担当者さまには、ぜひこの事実を覚えておいていただきたいのです。

そもそも、なぜメルマガにネガティブなイメージが付いてしまったのか。それは、送り手が読み手の心情を無視し、売り込みばかりしてきたからです。メルマガの発行者は、売上げアップを目的としてメルマガを配信します。目先の売上げアップを意識すると、売り込みのメルマガばかりになってしまうのです。

いまメルマガを配信しているご担当者さまは、「自分自身が、自社の配信しているメルマガを受け取りたいか」を自問自答してみてください。もし、要らないと思うのなら、あなたは読者にとって有り難くないメルマガを配信してしまっている可能性があります。

また、読者目線を持たなければ、これからメルマガ配信をする予定のあなたも、うっとうしいメルマガを送る配信者の一員になってしまうかもしれません。そうならないために、これからご紹介するメルマガにまつわるノウハウを、ぜひ覚えておいて欲しいと思います。

「うっとうしいメルマガ」と「有難いメルマガ」を分かつ決定的な違い

実は、うっとうしいメルマガも、有難いメルマガも、配信の目的は同じです。企業が配信しているメルマガなら、当然売上げアップが目的です。

では、これら2つのメルマガを分かつ決定的な違いは何でしょうか。それはずばり、「読者視点」です。

有難いメルマガは「読者視点」を持っている

うっとうしいメルマガには、圧倒的に読者視点が足りません。自社都合だけを考える送り手は、

  • 「今月はこれを売らなければならないから」
  • 「商談数が足りないから」

と考え、売り込みのメルマガを大量に送ります。これでは、読者からうっとうしいと思われても仕方がありません。

一方、

  • 「どんなコンテンツなら、読者に喜ばれるだろうか」
  • 「どんなメルマガを配信すれば、読者が開封したくなるだろうか」

と、読者視点を持てば、読者に喜ばれる有難いメルマガを配信できます。

視点が自社にあるか、はたまた読者にあるか。これは大きな違いであり、マーケティングの本質です。

成果までの視野の幅が、メルマガの成否を分ける

読者視点が大事だという話をすると、みなさんは「有難いメルマガは売上げアップに繋がらないのではないか」と感じるかもしれません。しかし、長期的に見れば、有難いメルマガの方が売上げアップにつながります。うっとうしいメルマガと有難いメルマガの2つの違いは「視野の広さ」です。

売り込みのメルマガは、短期目線で売上げアップを目指します。

  • 今月の受注が足りないから。
  • 来月までに何件のCVが必要。

売り込みメルマガの目標は、上記のように短期的な目線です。短期目線で目標設定すると、悠長に読者の関心を育成する時間はありません。それゆえ、短期目線しか持っていないと、売り込みのメルマガを送らざるを得ません。

幸か不幸か、99%の読者にとって有り難くない売り込みのメルマガを送っても、リストが新鮮であれば1%くらいはメルマガに反応します。すると担当者は「メルマガで成果が出た!」と感じます。そして、同じような売り込みのメルマガを続けてしまいます。

しかし、売り込みメルマガの成果は、長くは続きません。うっとうしいメルマガを送り続けると、リストが疲弊し、配信解除が増えます。読者はメルマガ配信元に不信感を抱き、企業のブランドイメージが損なわれます。

 

そして、メルマガからコンバージョンが出なくなったとき、決まって「やっぱりメルマガなんて効果がない!」という言葉が出てくるのです。

一方で、有難いメルマガはどうでしょうか。有難いメルマガは、長期的な目線での売上げアップを目指します。有難いメルマガを配信する企業は、メルマガを継続し続ける施策と捉えています。それゆえ彼らは売り急がず、読者にとって有難いメルマガを提供し続けます。そうして、長期に渡って関係性を強化し、少しずつコンバージョンを生み出します。

結果的に、有難いメルマガは、企業と読者との良好な関係を築き、ブランドイメージは向上します。長期的な目線で見れば、有難いメルマガは売り込みメルマガより遥かに多くのコンバージョンを叩き出します。

メルマガは時代遅れで効果がないのか

メルマガは時代遅れで効果がない、と思われることがあります。

その理由の1つが、代替するコミュニケーション手段の登場です。現代には、さまざまなコミュニケーションツールがあります。Slack、LINE、Chatwork、各種SNSなど、枚挙にいとまがありません。

しかし、いくら連絡手段が増えても、メールが使われなくなったわけではありません。おそらく、一切メールを送らない、見ないと言う人は圧倒的に少数派です。

kinsta社の調査によると、2021年現在、世界中で40億人以上の人がメールを使用しています。

これほどメールが使われている以上、メルマガの効果がなくなることはありません。「メルマガに効果がない」と本当にいえるときが来るとすれば、「メール」というコミュニケーション手段が廃れたときです。

また、「メルマガが時代遅れで効果がない」と言われるもう1つの理由は、メールマーケティングが長い歴史を持つからでしょう。本来、長い歴史を持つからといって、効果がないわけではないですが、古くからある施策という事実が、効果が薄そうというイメージを作っています。

実は、メールマーケティングは現在も進化し続けています。最近はマーケティングオートメーションも登場し、メールマーケティングはさらに効率的で効果的になりました。マーケティングオートメーションを使えば、読者の関心に合わせてメールの内容を送り分けるセグメント配信が可能です。メールマーケティングはマスマーケティングではなく、One to Oneマーケティングになりつつあります。

現在のメルマガ施策への注目度

メルマガは、世界でも注目される施策です。この章では、各種調査レポートを追いながらメルマガ施策の効果を確認しましょう。

海外でも注目されるメルマガ施策

メルマガの効果は、海外でも折り紙付きです。

Contents marketing institute社の調査によれば、調査に協力したBtoBマーケターの77%がメールマーケティングに取り組んでいます。

この潮流はBtoBにとどまりません。

同社の調査によれば、BtoC企業でもっとも導入されているツールの上位3位にメールマーケティング用のソフトウェアがランクインしています。

メルマガは、低コストで高い効果を生み出す施策

メルマガがなぜここまでの注目を集めるのでしょうか。

それは、メルマガが低コストで高い効果を生み出す施策だからです。

Campaign Monitor社の調査によると、メールマーケティングは費用1ドルに対し44ドルの利益を産むと推測されています。

さらに、同社の調査によれば、メールは、TwitterやFacebookの40倍新規顧客を獲得できます。

メルマガ施策は、名実ともに効果が期待されている施策なのです。

メルマガの「今」を数字で知りたいなら
メルマガにまつわる調査レポートは、別記事「メルマガの徹底調査レポート!網羅的にわかるメルマガの現在」にまとめてございます。また、当社が今までまとめた調査レポートは「BtoBマーケティングの調査レポート11選|数字で資料に説得力をプラスする」にて一覧できますので、あわせてご参考ください。

さいごに:メルマガのお悩みを、セミナーで解決します

この記事を読んで、メルマガの概要をつかんでいただけたら幸いです。

メルマガで成果を出すためには、PDCAを回すためのノウハウが欠かせません。

私たちは、「事例で学ぶメールマーケティングの成功法則セミナー」という無料セミナーを定期開催しています。あなたがこの記事を読んで、「メールマーケティングをもっと学びたい」と思ったら、ご参加いただけますと幸いです。

  • メルマガで成果を出せと言われるが、何から始めればいいかわからない
  • メールマーケティングについて体系的に学べる場がない
  • メルマガ担当に配属され、不安がいっぱいだ

このセミナーでは、上記のようなお悩みにお答えします。メールマーケティングを体系的に学びたいご担当者様のご参加をお待ちしております。

「事例から学ぶ メールマーケティングの成功法則セミナー」お申し込みはこちら

※この記事は、3月15日に更新しました。