ウェビナーの調査結果まとめ|平均出席率や出席者の多い曜日をデータでご紹介します

ウェビナーとは、ウェブとセミナーを掛け合わせた言葉で、ウェブを通じたオンラインセミナーを指します。

この記事では、ウェビナーに関するさまざまな調査データをご紹介します。この記事を読めば、ウェビナーの目的や、効果的なウェビナーの開催方法がわかります。ウェビナー担当になったばかりのみなさまのお役に立てば幸いです。

実践できる当社のウェビナーノウハウを、企画・集客・商談化までまるっとご紹介
私たちは、300回以上ウェビナーを運営しています。これまでの運営経験から学んだ当社のウェビナーノウハウを「企画・集客・商談化のための ウェビナーノウハウ大全」にまとめました。
ご紹介しているのは、私たちが実際に試して成果につながっているノウハウばかりです。こちらからぜひお気軽にご参照ください。

ウェビナーの概要に関する調査レポート

はじめに、ウェビナーを頻繁に開催する業界や、ウェビナーの目的にまつわる調査レポートをまとめました。

ウェビナーは顧客と潜在顧客の育成のためにもっとも多く開催されている

Paul Agabin社の調査によると、ウェビナーを開催するマーケターの85%が、顧客と潜在顧客の育成(リードナーチャリング)を目的としてウェビナーを開催しています。

続くウェビナーの目的は、見込み客の創出(リードジェネレーション)が77%、市場内における強固なポジションの確立が60%です。

ウェビナーに限った話ではありませんが、セミナーには目的別に種類があります。潜在顧客の育成が目的なら「リード獲得型」、見込み客の創出が目的なら「顧客獲得型」のウェビナーを開催しましょう。

セミナーの企画の立て方についてもっと知りたいなら
私たちは、実際に多くのオフラインセミナーやウェビナーを実施しています。その中で培ったセミナーの企画にまつわるノウハウを「セミナー企画がセミナー成功・失敗を分ける!300回自社セミナーを企画・開催してわかったこと」にてくわしくまとめてございます。あわせてごらんください。

ウェビナーをもっとも活用している業界はソフトウェア・テクノロジー業界

LogMeIn社の調査によると、ウェビナーをもっとも活用している業界はソフトウェア・テクノロジー業界です。調査対象であるウェビナー開催企業の29%が、上記の企業に属しています。

同社の調査によると、テクノロジー業界は、マーケティング目的以外にも、顧客のトレーニングや内部コミュニケーションなどにウェビナーを活用しています。

ウェビナーの72%は参加者50人以下

LogMeIn社の調査によると、調査対象になったウェビナー開催企業の72%が、参加者50人以下のウェビナーを開催しています。

その中でも、もっとも多かった規模のウェビナーは、参加者25名以下のウェビナーです。ウェビナーというと、座席の制限がないため大規模なものをイメージしがちですが、多くの企業は小規模〜中規模のウェビナーを開催しているようです。

ウェビナーの67%は「所要時間60分」

LogMeIn社の調査によると、調査対象になったウェビナーの67%が、ウェビナーの所要時間を60分に設定しています。

一般的に、ウェビナーは所要時間が短いほど集客しやすい、と思われがちです。しかし同社は、「長時間のウェビナーの方が、受講者にとって価値があるとみなされる」と指摘しています。

この指摘を踏まえて、同社は、もしも「30分ほどのウェビナーコンテンツしか用意できない」といった場合にも、Q&Aやライブデモの時間を30分ほど設け、「60分のウェビナー」としてスケジューリングすることを推奨しています。

ウェビナー参加者に関する調査レポート

この章では、ウェビナー参加者の行動にまつわる調査レポートをまとめました。ウェビナー参加者がウェビナー前後にどのような行動を取っているか、調査レポートを通して確認しましょう。

ウェビナーの平均出席率は46%

99firm社がまとめた調査によると、全業界のウェビナー平均出席率は46%です。つまり、申込者のうち半分以上は、ウェビナーにお申し込みしたものの、参加してくださらないのです。

特に出席率が高い業界は、製薬業界(63%)と金融サービス業界(61%)です。SaaS(インターネットを通して必要なサービスを提供するソフトウェア販売業界)の平均出席率は46%と、ちょうど平均と同じ数値でした。

ウェビナーの出席率を上げるには
ウェビナーを運営する企業としては、申し込み者全員にウェビナーにご出席いただきたいと思うものですよね。しかし、先ほどの調査レポートの通り、ウェビナーの平均出席率は50%以下というデータがあります。
私たちもウェビナーの出席率を上げるため、日々試行錯誤を重ねています。その一例が、ウェビナー申し込み者に事前に送付するメールです。くわしくは「セミナーのリマインドメールで参加率を上げる。すぐに使える文例もご紹介」の記事をごらんください。

ウェビナー参加者の36%は、午前8時から午前10時の間にウェビナーに申し込んでいる

LogMeIn社の調査によると、ウェビナー参加者の36%は午前8時から午前10時の間にウェビナーに申し込んでいます。この36%という数字は、他の時間帯とくらべて高い数字です。

同社は、この調査結果はビジネスパーソンがメールをチェックする時間帯と関わっていると指摘します。多くのビジネスパーソンは、午前中にメールボックスを確認します。午前中にウェビナー招待メールを送れば、メール受信者の受信トレイの上部に招待メールが表示されるため、ウェビナー開催を認知していただきやすい、と推測できます。

さらに、同調査によると、午後2時以降はウェビナー申し込みが急減するとしています。メールでウェビナープロモーションを打ち出しているウェビナー担当者は、午前中のメール送信を試してみるのもよいかもしれません。

ウェビナー参加者の59%がウェビナー開催日の1週間前から申し込みを始める

同社の調査によると、ウェビナーは開催1週間前に申込者が急増します。さらに、ウェビナー参加者の17%は、ウェビナー当日に参加を申し込んでいます。

同社は、上記の調査レポートを踏まえ、ウェビナーの1週間前になったらウェビナーのプロモーションを増やすことを提案しています。ただし、1週間前からプロモーションを始めればよいわけではありません。

1週間よりも前に申し込む参加者もいるからです。ですが、1週間前に急増する参加者を逃す手はありません。ウェビナー開催の1週間前は、集客に力を入れ直しましょう。

ウェビナーの準備のスケジュールに悩んだら
ウェビナーの開催には、準備が欠かせません。別記事「ウェビナー準備のスケジュールの組み方と、やるべき8つの項目をご紹介」では、ウェビナー開催前にやるべきことを、時系列で網羅的にご紹介しています。こちらもあわせてごらんください。
ウェビナー前におさえておきたいポイントをチェックリストにまとめました
「これからウェビナーを開催しようと考えている」、もしくは「ウェビナーを開催しているものの、この運営方法でいいのか不安を抱えている」というお客さまのために、当社のウェビナー経験をもとに、ウェビナー開催前に押さえておきたいポイントを29項目のチェックリストにまとめました。こちらから無料ダウンロードいただけます。みなさまの業務にお役立てください。

ウェビナーで成果を上げるための調査レポート

いざウェビナーを始めてみても、集客が思うように進まなかったり、商談に繋がらなかったりと、悩みはつきません。この章では、効果的なウェビナー開催に役立つ調査レポートをまとめました。

ウェビナーの集客はメールがもっとも有効

LogMeIn社の調査によると、調査対象のウェビナーで、もっとも多かった申し込み経路は、メールからの申し込みです。

上図におけるメールとは、セミナー集客だけを目的とした単発のメールを指し、メルマガとは、定期的にお送りするメールを指します。

メールでウェビナーの集客をする際は、集客メールばかりにならないように気をつけましょう。ウェビナーの集客メールは、興味のない受信者にとっては売り込みに当たります。メールが売り込みばかりになると、配信解除(オプトアウト)をされてしまう危険性が高まります。メールマーケティングは「お客さまに役立つ情報をお送りする」ことが前提です。

メールマーケティングを始める前の必携記事
メールを使ったマーケティングを「メールマーケティング」と呼びます。メールマーケティングの基礎知識や成功事例は、別記事「メールマーケティングとは?基礎知識から手順、成功事例までを徹底解説」にまとめてございます。あわせてごらんください。

私たちは、ウェビナー集客目的のメールには、ウェビナーの紹介だけでなく、ウェビナーでお話しする内容をメール本文にも記載し、メール単体でも役に立つような集客メールをお送りしています。
集客につながるウェビナー集客メールの書き方は、「ウェビナー案内メールの書き方がわかる!テンプレート付き初めてガイド」の記事でご紹介しています。ご参考になれば幸いです。

ウェビナーは午前10時か午前11時に開催すると集客しやすい

同社の調査によると、午前6時から午後11時に開催したウェビナーのうち、もっとも参加者が多かったウェビナーは午前10時と午前11時開催のウェビナーです。

一方、私たちが開催するウェビナー「商談に繋がる 自社セミナーの作り方講座」で、受講者のみなさまにアンケートを依頼したところ、上記の調査レポートとは少し異なる結果が出ました。

「その時間帯に参加しづらい理由」も併せて伺ったところ、

  • 「8〜9時台はミーティングがあるため」
  • 「夕方の参加では帰宅が遅くなるため」

といった回答が主でした。

調査レポートと自社アンケートの結果を踏まえると、ウェビナーは「お昼前」もしくは「お昼後」に設定すると集客しやすい、と推測できます。

ウェビナー後、お客さまとの接触方法に悩んでいるなら
ウェビナーは、お客さまと対面でお話することができず、商談につながりにくいとお考えのウェビナー担当者がいるかもしれません。ウェビナー後のフォローの鍵は、アンケートにあります。
ウェビナーアンケート作成のコツや実際に私たちが使っているアンケートの文例は別記事「ウェビナー後のフォローの課題は「アンケートの工夫」で解決!アンケートの回収率を上げる方法もご紹介」にてご紹介しています。

ウェビナー開催は月曜日と金曜日を避けよう

Medium社の調査によると、1週間のうちもっとも参加者が多かったウェビナーは、火曜日開催のウェビナーです。水曜日と木曜日に開催したウェビナーの参加者数も、火曜日にくらべると劣るものの、大きな差はないとしています。

同社によれば、週の半ば開催のウェビナーの参加者が多い理由は、ビジネスパーソンが月曜日と金曜日に忙しくなる傾向があるからです。

週の半ば開催のウェビナーを推している調査データは他にも多数見られます。たとえば、Blogging X社は、以下のような調査データを発表しています。

「ウェビナーの曜日」については、私たちが開催するウェビナー「商談に繋がる 自社セミナーの作り方講座」で、受講者のみなさまにアンケートをとったところ、ほぼ同様の結果を得られました。

「その曜日に参加しづらい理由」も併せて伺ったところ、

  • 「月曜はミーティングがあるため」
  • 「月曜は何かと業務が入りやすいため」
  • 「金曜は他の仕事の締め切りが多いため」
  • 「金曜は月曜のミーティングの準備があるため」

といった回答が主でした。

調査レポートと自社アンケートの結果を踏まえると、ウェビナーは「火曜〜木曜」に設定すると集客しやすい、と推測できます。

300回以上ウェビナーを運営する、当社のノウハウをご紹介

私たちが300回以上のウェビナー運営を重ねるなかで学んだノウハウを「企画・集客・商談化のための ウェビナーノウハウ大全」にまとめました。

ウェビナーノウハウ大全では、次の内容をご紹介します。

  • 参加者を顧客化するための企画の手順と留意点
  • コンテンツ制作のプロセス
  • 集客数・出席率を伸ばす工夫
  • ウェビナーの事後フォローのノウハウ

こちらからぜひお気軽にご参照ください。他社のウェビナー事例や、真似できるウェビナーノウハウを知りたいご担当者さまのお役に立ちましたら幸いです。

※この記事は、2021年11月19日に更新しました。